ブログリレー #6 成島雄大

みなさんこんにちは、国際関係学科2回の成島雄大です。


静岡県藤枝市で生まれ、幼稚園の頃からずっとサッカーをやってきました。


本当に自分が夢中になれるものはサッカーしかありませんでした。

でも、サッカーの名門校である藤枝東高校に入学して、サッカー部の体験入部2日目か3日目で厳しい練習について行けず、高校サッカーを諦めてしまいました。


今振り返ると当時の自分は弱かったなと思いますが、後悔はしていません。

なぜなら、山岳部に入部して仲間の大切さや、自然の素晴らしさに気づけたから、そしてサッカーをより好きになったからです。


小学校高学年くらいから勝負にこだわらなければならなくなって、試合に勝つことばかりを考えて純粋にサッカーを楽しむということを忘れている自分がいました。


でも、高校の時、友達とサッカーをして遊んでいる時間が本当に楽しくて、サッカーを始めた頃の気持ちを思い出しました。

なぜサッカーをするのかといったら、サッカーをするのが楽しくて好きだからという当たり前のことを再確認しました。


そして、大学に入り1年目はサークルでフットサルをして楽しく過ごしたのですが、ちょうど後期が終わったくらいに何か熱中できるものが欲しくなりました。


勉強に熱中することも、バイトに熱中することも、恋愛に熱中することもなく、1年がスーっと過ぎて行ってしまう感じがしていました。

そこで、やっぱり俺にはサッカーしかないなと思い、何かしらの形でサッカーをやろうと決心しました。


そんな時に、友達がサッカー部の監督をやるということを知り、これに便乗してサッカー部に入りました。


最初はコロナの影響でオンラインでの練習や活動でしたが、10月から練習が再開し部活のことを考えて日々生活するようになり、日常生活が色々な点で充実するようになりました。



また、サッカー部のみんなは本当にいい人たちばかりで、途中から入ったということをあまり感じないくらい馴染みやすかったです。

特に1個下の同期とは仲良くさせていただいて、とてもありがたく思っています。


外大のサッカーについては、戦術がしっかりとあって考えながらプレーするということがすごく楽しいです。


もちろん試合に勝つというのが目標であるけど、それも負けたら悔しくて楽しくないということから来るし、純粋にサッカーを楽しむことを忘れずにできています。


これからもサッカー部の活動を頑張り、仲間とより良い関係を築いていきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示