​組織図

神戸市外大サッカー部は2018年12月の新体制始動とともに、組織化に取り組んでいます。これまでは、チーム運営の大部分をキャプテンが1人でこなしていました。相手の分析、作戦の決定、練習の考案など全て。この人まかせの風潮を変えて、全員が当事者意識を持つようになるべく、主将・副将を中心に部員を4つの班に割り振りました。各班の目的・目標は以下の通りです。

基礎

メニュー班

目的⇒基礎技術の向上

目標⇒自陣でのパス成功率90%

​基礎練習を考える。パス成功率算出。

​フィジカル班

​目的⇒格上の相手の勝つための体づくり

目標⇒空中戦勝率60%

​体幹を毎日。ランメニュー。筋トレ。空中戦勝率の算出。

​メディカル班

目的⇒怪我の予防+対応強化

目標⇒接触原因以外の怪我人0

​マネージャーが応急処置をできるように。試合に臨む上でのメディカル面での心得を浸透。選手のケガを管理。

​戦術班

目的⇒選手全員の共通理解

​目標⇒自チームと相手チームの情報を言語化

​ビデオの分析を統括。定期ミーティングの運営。

​マネジメント班

目的⇒主将のチーム運営をサポート

​   ピッチ外活動の活性化